健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

関門

関門

関門の  風は冷たし 春遠し   関門の  風に問いたや  春何処 (梁庵平太) むちゃくちゃ寒いですばい!    277
桜舞い

桜舞い

桜舞い  風の流れを  目で追えり (梁庵平太)    276
桜舞い

桜舞い

桜舞い  風の流れを  目で追えり (梁庵平太)    276
父

父帰り  初めて気づく  父不在 (梁庵平太) なーんか、後ろの夜桜の華やかさと対照的な、このしおれ方が他人事ではないように思えるんですよねぇ・・・。私的にはお気に入りの一枚です。    275
徒桜

徒桜

徒桜  陰の緑の  鮮やかさ (梁庵平太)   葉っぱの緑があるから、花の鮮やかさが際立つ。真理なり。    274
風車

風車

                  風車  子等がくぐりて   遊具映え (勝爺) ・下田は風車で町おこしをやっているらしい。 ・ ...
徒桜

徒桜

徒桜  陰の緑の  鮮やかさ (梁庵平太) 葉っぱの緑があるから、花の鮮やかさが際立つ。真理なり。どうよ。 徒桜(あだ‐ざくら) =散りやすい桜の花。はかないもののたとえ。    058
東風

東風

                東風(こち)吹きて 燃ゆるがごとき 伊豆の山 (勝爺) 連日花散らしの強い風が海から吹き上げているが、山はコ ...
電話

電話

リア姫は 電話珍し ファンタジー (勝爺) あとひとつきあまりで日本に帰ってくる孫娘たちのディズニーランドでの写真が届いた。 リアが電話をしている。スマホ時代に生まれた彼女にとって、電話機が不思議に違いない。まだ、ママ、 ...
ここはどこ? 花見酒

ここはどこ? 花見酒

タクシーに  聞かれて住まい  出てこない (梁庵平太) ここはどこ?私は誰?もう、酒は飲みません。    273
春先

春先

春先の  夜の寒さに  しびれけり (梁庵平太) 今日は寒いっすよ。    272
夢見草

夢見草

夢見草  日を追うごとに  緑増え (梁庵平太) 博多では、どうやら桜の盛りは過ぎたようです。私も花の盛りは過ぎました。  271
桜の花

桜の花

咲き誇る  桜の花に  命見ゆ (梁庵平太)  270
桜(花見)

桜(花見)

主待つ  シートも見とれる  桜かな (梁庵平太) 269  
葉桜

葉桜

  葉桜の 残り香消せし 今日の雨 (梁庵平太) やはり、武士と桜は散り際が肝心  268  
寿司

寿司

誕生日 回らない寿司 ひさしぶり (勝爺) ・先日、花見で飲みすぎたせいか、決算や消費税対応でパソコンを使いすぎての疲労が溜まったのか、前歯の裏が痛んで、朝食はお粥にした。 ・でも、誕生日だからという家人の誘いで、大仁の ...
誕生日

誕生日

満開の 桜寿ぐ 誕生日 (勝爺) ・誕生日を祝すメールをたくさんの方からいただき、ありがとうございました。 ・年明けから、今年は70歳の大台に入ると誤ってアナウンスしてしまい申し訳ありませんでした。本当は、今日で69歳に ...
桜

青空を 区切りて桜 ワット咲き (勝爺) ・今朝の空は雲ひとつなく晴れ渡り、カイフォルニアブルーでした。青空と満開の桜が良く似合います。
艶姿

艶姿

艶姿 余白ありての 桜かな (梁庵平太) 263
初夏の汗

初夏の汗

花びらが  頬に張り付く  初夏の汗 (梁庵平太) 運転免許証がどっか行ってしまいました。散々、探したけどまだ見つかりません。探すのをやめた時~見つかることもよくある話で♫などと言ってられません。仕方ないのでしばらくはど ...
花見

花見

満開の 花に包まれ 朝体操 (勝爺) 今年また 花見の宴に 歳忘れ (勝爺) ・昨年にうって変わって、今年の桜は伊豆中どこでも、すばらしい花付きで、豪華絢爛である。 ・中国健康体操の会場である、伊東・宇佐美の郷戸公園の桜 ...
山桜

山桜

  散り急ぎ  道を色染む       山桜 (勝爺) ・満開だった我が家の山桜が、昨夜来の強い風雨で、早くも花を散らし、下の道を花びらで色変えた。香の強い山桜なのだが、その香を楽しむ暇がないほど、今年はあっけ ...
山桜

山桜

知れずとも  野に在りてこそ  山桜 (梁庵平太) 人に見られるばかりが桜でもあんめえ。266
春を運ぶ

春を運ぶ

代表が  日本に春を  運びけり! (梁庵平太) WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本が初めて世界一になった時に詠んだ句です。キューバに勝った時はホント、嬉しかったなあ。264
仏

信心を  試す仏に  汗応え (梁庵平太) 263
桜

日ノ本の  心彩る  桜かな (梁庵平太) 262
杉木立

杉木立

冬眠の   寝息聞こゆる   杉木立 (梁庵平太) 荘厳です。 祖父の羽織を私のサイズに直そうとするも出来ないと言われ断念。祖父はかなり長身だったが、それでも平均身長の私が着て短いくらい。坂本龍馬も実際には172cmとい ...
桜

花散りて 桜の像も 終わりかな (梁庵平太)    034
桜咲く

桜咲く

窓枠や 絵に勝りたる 桜咲く (勝爺) ・いつもはカーテンを閉めたままにしている書斎の北窓、この時期だけ開ける。窓枠が額縁になり8分先のソメイヨシノが絵のように咲き乱れる。 ・ソメイヨシノは天辺まで花が咲き揃ってから一斉 ...
見送る冬

見送る冬

突っ伏して 見送る冬の 息づかい (梁庵平太) 飲むまいと思ったんだがなあ。ライブでキャロルなんか聞いたら、つい、若い頃を思いだしてしまい…、かつ、息子が飲むって言うもんでつい。 259
いも虫

いも虫

いも虫も 志有り  道渡る (梁庵平太) (何と現代に志を持つものの少ないことか。いも虫でも命がけで通りの向こうへ旅立とうとしているのに。) これはもう20年近く前に詠んだ句で、当時、近所を散歩していて何気なく足を出した ...
雀 

雀 

頃は良し  群れ飛ぶ雀  乱れ撃ち (梁庵平太) 何のこっちゃ・・・。) ・・・何か、既にあったような。   . 257
桜の下

桜の下

朧月 桜の下にて 事切れぬ (梁庵平太) 2005年に京都に行った際、まだ桜は一分咲でしたがその風情に思わず無粋者の私も、西行の「願はくは 花の下にて 春死なむ そのきさらぎの 望月のころ」・・・でしたっけ?なぜかこの句 ...
辛夷咲く

辛夷咲く

白蝶の 群れとまるごと 辛夷咲く (勝爺) ・桜(山桜やソメイヨシノ)に先んじて、春の訪れを知らせて咲き乱れるのがモクレンと辛夷(コブシ)である。 ・モクレンが庭木として植えられ、厚化粧しているように存在を誇示しているの ...
博多桜

博多桜

咲き誇る  博多桜は 気が早い (梁庵平太) 満開になったかと思うと、もう葉桜がある。竹を割ったような性格は別名、粘りがないとも言う。   . 255
冬涼し

冬涼し

我が庵(いお)は 冬涼しくて  コートあり (梁庵平太) 今日は惚れ惚れするほどの良い天気で外はポカポカでしたが、うちではまだ室内ではコートは有りです。それどころか、ファンヒーターがまだ必要なので来客がぎょっとします。 ...