健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

海の家

海の家

浜光る夏待つ海に海の家 884砂浜のゴミが履き清められ、きれいな浜が広がっている。引き潮で広がった浜に薄く残った海水が強い日差しに照り映えて鏡面状になっている。伊東寄りの浜には早くも海の家が建った。昔は数軒あったというが ...
朝顔

朝顔

朝顔が指揮とる朝の軒の下 883ベランダに展開している鉢植えのサフィニアと朝顔が今を盛りに咲いている。花の種類は違えど、似たような花型(ラッパ状)で、一回り大きな朝顔は指揮者然としてリードしているようだ。数年前、ベランダ ...
夏木立

夏木立

鳴きやまぬ小鳥隠せる夏木立  882春先の鶯の鳴き声には癒されるが、このところ、わが家の隣の畑の木々の葉が生い茂ってきたので、藪から木に居場所を移した鶯が朝から晩まで鳴き通しだ。木の陰に隠れて、声はすれどのなかなか姿は見 ...
炎天下

炎天下

photo from photo-ac静けさや鳥も飛ばない炎天下  1046
紫陽花

紫陽花

photo from minhana柏紫陽花清楚に咲きし雨の音 1044
夏祭り 

夏祭り 

photo from photo-ac帯巻きし凛と出で立ち夏祭り  1043
下駄の音

下駄の音

photo from photo-acカランコロ祭り太鼓や下駄の音 1042
夏足袋

夏足袋

photo from photo-ac夏足袋や踊りじょうずな祭りあと 1041
白牡丹

白牡丹

photo from photo-acかの人や壮麗な姿白牡丹 1040
梅雨晴れ間

梅雨晴れ間

梅雨晴れ間日陰求めて朝体操  881梅雨入りだというが晴れの日が続いている。朝から日差しも強く参加者は桜の木の影の下に入って体操を行っている。最近、女性参加者の方が多くなっているので、男性陣は右側の隅の木陰に一塊になって ...
虹

photo from photo-ac遠き友今を生きるや虹の中  1039
合歓の花

合歓の花

photo by kj別れ際淋しく見つめ合歓の花  1038
裕次郎忌

裕次郎忌

photo from photo-ac 裕次郎忌一息笑顔の生ビール  1037裕次郎灯台ヨットマンだった石原裕次郎の三回忌を記念して、1980年から1993年まで日本外洋帆走協会の会長を務めた兄の石原慎太郎が約1億円の基 ...
生ビール

生ビール

photo from photo-ac 生ビール一息飲み干す波の声   1036
夏蝶

夏蝶

photo from photo-ac 夏蝶や小さな幸を運びけり   1035
夏空

夏空

夏空や昭和と平成揃い踏み648置いていかれんごとするともやおいかんですばい
ハク

ハク

はらからのハク群れ光る水輪かな  880河口近くでボラの子供が群れなしている。同じ母親から生まれた魚が離れることなく群続ける。したがって群れによって小魚の体長は異なる。時折、水輪が広がり、銀輪が光る。ボラは 成長により名 ...
志賀島

志賀島

夏空に想いは遥か志賀島647夏が来れば思い出す~♪のは博多人の場合、尾瀬でも江ノ島でもなく、志賀島です。もう、遠い昔になりましたけどね。
雀

初夏の朝雀喜び滑空す645雀にも若さというものがあるようで。
百合の花 

百合の花 

photo by kj優美なり聖母マリアの百合の花   1034
山の百合 

山の百合 

photo by kj誇り高き素直に生きる山の百合  1033
明けいそぐ

明けいそぐ

photo by kj明けいそぐ光めざまし心ち良し 1032
灼くる道

灼くる道

photo from photo-ac灼くる道まっすぐ進み幸もあり 1031
七変化

七変化

photo by kj幾とせの雨と仲良し七変化 1030
腐れ魚

腐れ魚

どこからやって来たのか大きめの魚が川底に横たわっている。烏に襲われ死んだのか、それとも、すでに死んでいた魚を烏が啄んでいるのか? 海に近い川は餌が豊富ではある。腐れ魚突く烏の烏川 879
ゆり園

ゆり園

テレビ広告に誘われ、袋井市の可睡ゆりの園に行く。丘いっぱいに咲き誇るゆりは壮観だ。ゆり園をバックに撮影すればそのまま遺影に使える風景でもある。ゆり園や遺影撮りあう老夫婦 878
子燕

子燕

数日前から、郷戸公園横の烏川に堆積した土砂を浚渫(しゅんせつ)する作業が行われている。土砂を取り除いた後には多くの虫が這い出てきているようで、やっと飛べるようになった子燕たちが盛んに虫を啄みにきている。かわざらいこつばめ ...
梅雨空

梅雨空

                梅雨空や瀬音高まる烏川 876梅雨入り後、日中は晴れているものの、朝晩は雨雲を伴う曇天が続く。烏川の石が重なった場所の瀬音が高くなっている。 
ダンス

ダンス

                孫娘ダンス舞台に汗の舞い 875横須賀・はまゆう会館で行われた孫娘の通うダンス教室の発表会に出かける。ダンス教室のヒップホップコースに通っているという孫娘たちの真剣で、楽し そうなダンスに ...
正岡子規句碑

正岡子規句碑

            ほばしら横須賀や 只帆檣の 冬木立  明治21年(1888)8月、正岡子規は夏期休暇を利用して、友人とともに汽船で浦賀に着き、横須賀・鎌倉で遊びました。碑の句は、横須賀港内に連なるはんしょう帆檣( ...
梅雨入

梅雨入

梅雨入れど呆れるばかりの青い空644本当は、五月晴れを季語にしたかったんだが、最近では五月晴れを5月だと思っている人がいるからなあ。
あじさい

あじさい

                あじさい苑名札見ながら花めぐり 874あじさいの季節。下田に行こうと思ってネットで開花状況を確認するとまだ時期尚早とのこと。伊東市の伊豆四季の花公園に変更。ここは220種以上のあじさいがあ ...
旭滝

旭滝

                虚無僧の尺八静か旭滝 滝落の曲に誘われ旭滝872~873以前から気になっていた伊豆市にある旭滝。大平公民館前の信号横に立つ案内看板から入る。一般的に滝に至るには長い坂を下りる必要があるが、 ...
夏相撲

夏相撲

                ちびっ子等力士相手の夏相撲872孫の通っている聖佳幼稚園恒例の相撲大会に出かける。会場の横浜市立坂本中学校には立派な土俵がある。この相撲大会には宮城野部屋から2人の力士とマネージャーが参加 ...
蟻

                初夏の風蟻に引かれる黄金虫871一匹の蟻が黄金虫の羽を懸命に引いている。風が吹くとその羽が持ち上がり蟻から離れる。すかさず戻って再び引き始める。風と戦いながらの蟻の根性は大したもんだ。
蛇の眼

蛇の眼

                蛇の眼にたじろぐ朝(あした)遠回り870朝体操にいくため、坂を降りる。途中Sさん宅のそばで今年初めての蛇との遭遇。石を近くに投げても動かない。蛇は瞼(まぶた)が無いので寝ているのか起きてい ...
1 2 3 71