健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

パンダ

パンダ

photo from photo-ac少子化やパンダに劣る繁殖期788ジャイアントパンダの繁殖期は年1回、2月から5月頃、この期間中にメスの妊娠の可能性が高まるのは数日間だけだという。最近の若者は同室で一夜過ごしても何も ...
蕗の薹

蕗の薹

蕗の薹朝餉夕餉に姿出す787散歩途中の土手に蕗の薹が出ている。採って来て、天ぷらにしたり、蕗味噌を作ったりと、朝餉、夕餉の一品となる。ほろ苦さが残る春の息吹きを感じる。
遍路

遍路

photo from photo-ac夕遍路寂しさまとめ黙の背965
雛飾り

雛飾り

photo from photo-ac雛飾り替る代の日平和かな964
雛の間

雛の間

photo from photo-ac亡き母の戦火に生きし雛の間へ963
冬の朝

冬の朝

稜線の姿遥けき冬の朝609亡父撮影の50年前の写真を出して来て、どの辺りから撮ったのかを確認しようと思ったけど、見事に風景変わっちゃってて、変わってないはずの山の稜線まで随分と遠くに感じる。
ものの芽

ものの芽

ものの芽や捨て鉢の山崩しおり786何が植わっているのかわからなくなった古い鉢から何やら芽が出ている。もう少し大きくなれば、何かわかるので、その時には植え替えてやろう。一番多く芽が出て姿がわかるようになっているのは桜草だ。 ...
春耕

春耕

春耕や枝枯れ薔薇の鉢重し785鉢植え薔薇の枝に芽吹きがない。枯れてしまっているようだ。重い鉢を倒し、土を入替えて、挿し木で芽吹いた新苗に植え替えた。
冬籠り

冬籠り

病み足に映画三昧冬籠り78410日前から痛風が再発。歩くこともままならず、fuluやdTVをテレビ画面で観ている。連続テレビドラマなど数十話もあるものを連続して観られるいい時代になったものだ。
春一番

春一番

春一番思ひ出の家取り壊す 783初めて建てた家。亡き妻との、そして子どもたちとの思ひ出の詰まった家を取り壊し更地になったあとに春一番が吹き荒れて、思ひ出も持ち去られたような気分だ。先日、ベランダ下のモルタルが剥げ落ちるな ...
葉桜

葉桜

photo by kjさようならと葉桜告げる季の終わり962
春

photo from photo-ac手術すぎ二本の足の春来たる961
おでんや

おでんや

photo from photo-acおでんやの語らう二人ユートピア960
ゆずの香

ゆずの香

photo by kj庭からのゆずの香や湯の中に959
薄氷(うすらひ)

薄氷(うすらひ)

薄氷や孫が贈りし杖頼り 7825日前から持病の痛風が再発し、以前、孫から贈られた杖を頼りに歩いていたが、昨日から悪化し、家から出られなくなるほど悪化してしまった。1年位、痛風が出なかったので、ビールも飲み、好きな魚卵も食 ...
雪

雪降りて地下に溢るる人の波608さすがに、こんな日は皆、地下街。でもって、今、取引先の人と話していたら、久留米の山際から来ているそうで、積雪30センチだったとのこと。久留米でもそんな積雪があるなんて初めて知った。
雪景色

雪景色

西国は今を盛りの雪景色607まあ、福岡市では雪といってもこの程度です。既に道路は溶けてます。
厳寒夜

厳寒夜

峻厳な月に出くわす厳寒夜606思うんだが、本当に綺麗な月は夏秋の月ではなく、この季節の月なのではないだろうか。
アルプス

アルプス

アルプスを引き寄せたるか夜半の雪 781昨夜の雪。平地では積もることはなかったが、山には降った。書斎から見える山の姿が一見、アルプスのようだ。
曲水の宴

曲水の宴

photo from wikipedia曲水の宴ひいなの心いつくしき958曲水の宴=水の流れのある庭園などでその流れのふちに出席者が座り、流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、盃の酒を飲んで次へ流し、別堂で ...
段飾り

段飾り

photo from photo-ac段飾りほほえみやさし母の雛957
伊豆桜

伊豆桜

先陣を争い咲きたる伊豆桜 780河津桜の観光化成功に触発されて、伊豆各地では、早咲き桜を植える事例が増えている。 寒桜>熱海桜>戸田桜>小室桜>河津桜といった具合だ。写真は数年前に宇佐美地区に植えられた小室桜で今が満開。 ...
鬼やらい

鬼やらい

photo from photo-ac吾子の手や豆をにぎりて鬼やらい956
お降り(おさがり)

お降り(おさがり)

photo from photo-acお降りや帯から揺れる守り鈴955お降り=(おさがり)元日から三日の間に降る雨のこと。正月というだけで、ただの雨でさえも、なにやら特別の恵みのように思える。(kigosai)
寒潮(かんちょう)

寒潮(かんちょう)

かんちょうやしろとりくろとりとびまじり         ま寒潮や白鳥黒鳥飛び交じり 779魚群が来ているのかカモメが群れ舞っている。その中で黒い鳥が何羽か漂い、時々、潜っている。漁が上手い海鵜だ。喧嘩することなく、仲良く ...
春隣り

春隣り

海散歩光る帯見ゆ春隣り778こんな日は海辺をゆっくり散歩するのがいい。
凍鶴(いてづる)

凍鶴(いてづる)

photo from photo-ac          いてづる  た優美なる凍鶴佇てりめでたき日954凍鶴=(いてづる)ツルが片足で立ち、長い首を後方にまげて翼の間にはさみ、みじろぎもせずうずくまる姿が霜夜の寒さをき ...
水鳥

水鳥

photo by kj       ほの水鳥の仄かな息の淋しさよ953
追儺(ついな)

追儺(ついな)

年ごとに追儺の豆が痛さ増し 777孫のビデオが娘からFBにアップされた。年々大きく力が強くなった孫達が鬼役の父親に投げる豆が痛そうだ。
ついな

ついな

photo from photo-acついなの夜見上げる星の明日の夢952ついな(追儺)=大みそかの夜に行われる朝廷の年中行事の一。鬼に扮 (ふん) した舎人 (とねり) を殿上人らが桃の弓、葦の矢、桃の杖 (つえ) で ...
河津桜

河津桜

                   とりうらやまし河津桜に小鳥の恋777向かいのリゾートマンションの駐車場の周りに植えられている河津桜がこのところの陽気で、一斉に咲き始め、メジロが群れており、合コン状態だ。
野水仙

野水仙

photo by kj我が庭へ風と一緒に野水仙951
探梅

探梅

photo by kj探梅やふる里思う梅一輪950
初笑い

初笑い

末廣亭若者多し初笑い776友人との会食のため久しぶりに新宿で下車。夕方までには時間が有るので、末廣亭に行く。1月下席昼の部。春風亭柳之助、春風亭愛橋が特に笑えた。お客様も若い女性が多く、落語ブームなのだそうだ。
寒苦鳥

寒苦鳥

為すがまま為さぬがパパの寒苦鳥605意味がわかる人がいるかな?また、何もしないうちに一日が終わった。
睦月

睦月

明けたかと思えば終わる睦月かな604いやいや、年をとるのは早いものです。
1 2 3 65