健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

狂歌のカテゴリーを設定

青字:生徒(勝爺)
茶字:先生(青村豆十郎)

・ネット講座(ナレッジサーブ)での、俳句講座(1年)を修了したので、今度は実作狂歌講座の受講を開始しました。
・講師の青村豆十郎先生は、若い先生ですが、狂歌の復興に尽力されている新進気鋭の作家で、メールを介して、懇切丁寧に添削指導いただけるのが魅力です。
・作った狂歌には連番(k-・・・)を付けています。

・(k-1)4時に起きパソコン開きメール読みネットショップの売り上げを見る

(青村豆十郎)さて、自分がつくった「ただごとうた」を眺めると、何となく奇妙な心持ちになってくるものです。それは、狂歌(短歌)を作り始めて日が浅く、ただごとうたに対して衒い無く、面白くしようとかはあまり考えずにつくった時により強く湧き出る感覚です。
喩えるならばそれは生まれて始めて鏡を見た子どもや、生まれて初めて自分の声の録音を聞いた人に生じるもの。「間違いなくこれは自分だ」という心と「なんとなく自分ではない」という心がせめぎ合う感覚です。
井上さんの場合、俳句か川柳をなさっているようですね。よく出来た俳句や川柳には同じような感覚を覚えませんか? そして、鑑賞力が付いてくると他人の句でも似たような感覚を起こしませんか? ある種の狂歌にもそうした部分があります。これは、その点で大変良く出来たただごとうたです。
この歌は二種類の情景が考えられます。「朝4時」の場合と「夕方4時」の場合です。朝の場合は忙しなく働く「お疲れ様」と言ってあげたい人、夕方の場合は楽に稼いで気儘に生活をしている羨ましい人。私は朝と判断して読みましたが、夕方4時と見る人も多いでしょう。その点も、面白さになっています。
・(k-2)金無くも朝めしうまく痛くなく空気もうまし温泉巡る

(青村豆十郎)非常に具体的な、多くの人に理解される願望です。
今回は裏のテーマとして受講者の方がそれぞれ背景に抱えている特性を探り、どのような得意スタイル、持ち味を身に付けて貰うかアドヴァイスするという指導方針があります。
井上さんの場合は、衒いや外連味も強くなく、語彙の偏りなども無さそうなので、「世代間コミュニケーションを図れる、万人に理解されやすい狂歌、しかし面白みも忘れていない狂歌」を理想として目指していかれるのが良いと思います。
その上で、「金無くも」「うまし」の部分が文語的活用になっていますので「金無くも」は「金無しに」或いは「金無しで」、「うまし」を「美味い」「おいしい」など口語的な言い回しに変えた方が良いでしょう。
また面白みを強めるならば「金無しで景色も飯も温泉も人も空気も良いとこ巡り」などの羅列が分かりやすい構造にしたり、その上で更に「雰囲気も酒も女も温泉も汽車の写りも良いとこ巡り」などと個性を表現する方へ考えてみたりと願望の「ただごとうた」ひとつでもいろいろ発展させられます。
金無しで景色も飯も温泉も人も空気も良いとこ巡り
雰囲気も酒も女も温泉も汽車の写りも良いとこ巡り
(茶字は先生の添削見本句です)

先生(青村豆十郎)の句を借りて

・(k-3)独り旅酒も女も温泉もカメラ写りも良いとこ巡り

kyoka320-40


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top