健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

しらす

しらす

山盛りの 命に感謝 しらす食い (勝爺) ・宇佐美のしらす屋の前を通ったら、手書きで「しらすあります」のはりがみが目に付いた。 ・しらすが解禁になったようだ。 ・500グラム1000円で買い求める。 ・炊き立てのご飯に卵 ...
花の舞

花の舞

                  老い知らず 中国体操 花の舞 散り際の 中国体操 老い桜 (まどか) photo by  KJ ...
影揺らぎ

影揺らぎ

日向路に  五十男の  影揺らぎ (梁庵平太) 数年前の今頃、講演旅行で宮崎に行った時のものです。さすがに南国は結構な陽気でした。    283
菜の花

菜の花

菜の花や  黄色ジュータン  夢溢る (まどか)         photo by  ashinari.com  
春日和

春日和

意に沿わぬ  生け越し方の  春日和 075 昨夜、同級生が「俺はこんな人生を選びたくはなかった」と言う。私も同じようなことを考えないわけではない。でも、今が当然の帰結であることが誰よりも自分が良くわかっているのもまた事 ...
満天星躑躅

満天星躑躅

夢溢る  満天星躑躅(どうだんつつじ)  遠の空 (まどか)俳句・絵手紙
雪折れ

雪折れ

雪折れの  枝に花咲き   命継ぐ (勝爺) ・今年の大雪時に折れてしまった桜の枝に、健気にも満開に花が咲いている。 ・我が家の山桜も、数年前に台風で、大枝が折れたが、そのままにしていたら、その年に満開の花が咲いた。しか ...
紫雲英田

紫雲英田

紫雲英田や そよ風めぐる 古藁山 (勝爺) ・花名の漢字は難解のものが少なくない。ゲンゲもそのひとつで「紫雲英」と書く。レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ、とも呼ぶ。 ・昔は緑肥として、また、ミツバチを介しての蜂蜜採取に盛んに ...
桃花

桃花

見る人も 無き山あいに 桃花咲く (勝爺) ・一条竹の子村から、下賀茂方面に向かう。行き交う車もほとんどなく、人の気配もない山あいの川端に紅白の花桃が今を盛りに咲き誇っていた。怠らずに手入れをしているのでなければ、これほ ...
光る海

光る海

雲間より  こぼれし明かり   光る海 (勝爺) ・春の陽気に誘われ、海沿いの道を車で走ると、海がキラキラと輝いている場所がある。魚の群れかと思い、車を停めて、カメラを構える。雲間から漏れる陽光がスポットライトのように海 ...
寒の戻り

寒の戻り

足とめし     寒の戻りの    晴れ間かな (梁庵平太)    282
親心

親心

詰め寄るも   かばうも共に     親心 (梁庵平太) 最近、子供が事件起こして、親が謝罪しているシーンがよくあります。あれって、みんな被害者側の視線ですけど、でも、自分が加害者側の親になることもあるんですよね・・・。 ...
人の世を

人の世を

人の世を   問う身が説ける    わけもなし (梁庵平太) どうせ、あたしはその程度のやつですよ。      280
花いかだ

花いかだ

散りてなお  心なごます   花筏(いかだ) 石の堰(せき)  列整えて   花筏 (勝爺) ・中国健康体操会場の桜がハラハラと舞い散り、烏川に浮かび、花筏になって、海へと流れていく。
逝く春

逝く春

俺は俺 おまえはおまえ 逝く春や (梁庵平太) 不思議なこともあるもんだ。俺が一番疎遠だったんだがな。      279
花の絨毯

花の絨毯

敷き詰めし 花の絨毯 桜色 (梁庵平太)      278
関門

関門

関門の  風は冷たし 春遠し   関門の  風に問いたや  春何処 (梁庵平太) むちゃくちゃ寒いですばい!    277
桜舞い

桜舞い

桜舞い  風の流れを  目で追えり (梁庵平太)    276
桜舞い

桜舞い

桜舞い  風の流れを  目で追えり (梁庵平太)    276
父

父帰り  初めて気づく  父不在 (梁庵平太) なーんか、後ろの夜桜の華やかさと対照的な、このしおれ方が他人事ではないように思えるんですよねぇ・・・。私的にはお気に入りの一枚です。    275
徒桜

徒桜

徒桜  陰の緑の  鮮やかさ (梁庵平太)   葉っぱの緑があるから、花の鮮やかさが際立つ。真理なり。    274
風車

風車

                  風車  子等がくぐりて   遊具映え (勝爺) ・下田は風車で町おこしをやっているらしい。 ・ ...
徒桜

徒桜

徒桜  陰の緑の  鮮やかさ (梁庵平太) 葉っぱの緑があるから、花の鮮やかさが際立つ。真理なり。どうよ。 徒桜(あだ‐ざくら) =散りやすい桜の花。はかないもののたとえ。    058
東風

東風

                東風(こち)吹きて 燃ゆるがごとき 伊豆の山 (勝爺) 連日花散らしの強い風が海から吹き上げているが、山はコ ...
電話

電話

リア姫は 電話珍し ファンタジー (勝爺) あとひとつきあまりで日本に帰ってくる孫娘たちのディズニーランドでの写真が届いた。 リアが電話をしている。スマホ時代に生まれた彼女にとって、電話機が不思議に違いない。まだ、ママ、 ...
ここはどこ? 花見酒

ここはどこ? 花見酒

タクシーに  聞かれて住まい  出てこない (梁庵平太) ここはどこ?私は誰?もう、酒は飲みません。    273
春先

春先

春先の  夜の寒さに  しびれけり (梁庵平太) 今日は寒いっすよ。    272
夢見草

夢見草

夢見草  日を追うごとに  緑増え (梁庵平太) 博多では、どうやら桜の盛りは過ぎたようです。私も花の盛りは過ぎました。  271
桜の花

桜の花

咲き誇る  桜の花に  命見ゆ (梁庵平太)  270
桜(花見)

桜(花見)

主待つ  シートも見とれる  桜かな (梁庵平太) 269  
葉桜

葉桜

  葉桜の 残り香消せし 今日の雨 (梁庵平太) やはり、武士と桜は散り際が肝心  268  
寿司

寿司

誕生日 回らない寿司 ひさしぶり (勝爺) ・先日、花見で飲みすぎたせいか、決算や消費税対応でパソコンを使いすぎての疲労が溜まったのか、前歯の裏が痛んで、朝食はお粥にした。 ・でも、誕生日だからという家人の誘いで、大仁の ...
誕生日

誕生日

満開の 桜寿ぐ 誕生日 (勝爺) ・誕生日を祝すメールをたくさんの方からいただき、ありがとうございました。 ・年明けから、今年は70歳の大台に入ると誤ってアナウンスしてしまい申し訳ありませんでした。本当は、今日で69歳に ...
桜

青空を 区切りて桜 ワット咲き (勝爺) ・今朝の空は雲ひとつなく晴れ渡り、カイフォルニアブルーでした。青空と満開の桜が良く似合います。
艶姿

艶姿

艶姿 余白ありての 桜かな (梁庵平太) 263
初夏の汗

初夏の汗

花びらが  頬に張り付く  初夏の汗 (梁庵平太) 運転免許証がどっか行ってしまいました。散々、探したけどまだ見つかりません。探すのをやめた時~見つかることもよくある話で♫などと言ってられません。仕方ないのでしばらくはど ...