健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

子鴨(コガモ)

子鴨(コガモ)

コガモ等が見え隠れして孫叫ぶ869Usamiフェスの帰り道、烏川のフェンスにしがみついて孫が動かない。彼女の指さす先に、母鴨の懐から時折頭を出し入れする数匹のコガモが見える。その愛らしい姿に人だかりが増えてきた。
宇佐美祭(Usamiフェス)

宇佐美祭(Usamiフェス)

夏の浜大旗踊る宇佐美祭868恒例のUsamiフェスに孫たちを連れていく。年々盛大になっている。踊り、勇壮な大旗振りなど若者達のエネルギーが爆発。見物者も招き入れてのチアダンスに孫たちも参加。楽しいひと時を共有した。大きく ...
蛍袋

蛍袋

坂登る蛍袋のお出迎え867重い買い物袋を両手に下げての坂登り。ホタルブクロがあちらこちらに咲きだした。花を覗いて一休み。花壇にあってもいい品の良い花であるが野生でいっぱい咲いている。そろそろ蛍の季節だ。
蝶の舞

蝶の舞

青空の舞台楽しき蝶の舞866坂の頂上にある欅(ケヤキ)に大量のモンシロチョウが舞っている。近くにはたくさんの美しい花が咲いているのに、なぜ地味な欅の花に群れているのだろうか?
卯の花

卯の花

卯の花の匂う坂道犬散歩865次女一家の帰郷のため3週間預かっていた犬との散歩は今日が最後。いつのまにか散歩道には卯の花が咲き乱れる季節に変わっている。朝晩の散歩や糞拾いは面倒だったが、いざ、犬と別れるのも寂しいものがある ...
魚干す

魚干す

魚干す強き日差しの昼寝かな864小ぶりの鰯(イワシ)をたくさんいただいた。干し網に入れ、ベランダにつるす。昼寝の後、取り入れたが干しすぎて硬めに仕上がる。日差し強く、寝過ごした。酒の肴にはいいが、食事の友としてはいまいい ...
姉妹会

姉妹会

風薫るダム湖のほとり姉妹会  カッコウの声が迎える姉妹旅862~863下久保ダムの畔(ほとり)、冬桜の宿「神泉」(埼玉県 児玉郡神川町)での姉妹会。年1~2回開いているが、今回は次女と3女が欠席。長女は妹に手を引かれての ...
桑の実

桑の実

桑の実や口元指して笑い合い861桑の実が色づいている。小学生のころ、熟した桑の実を食べながら下校したものだ。桑の実を食べると、口の中が紫に染まる。そんな姿を互いに指さしながら高笑いした光景が思い出される。
しらす

しらす

しらす買い留田浜辺の犬散歩860しらす屋のFacebookに、やっと大漁になったとの書き込みがあった。昼少し過ぎに犬を連れて浜に降りる。茹でたシラスが大量に干してある。1パック(500円)だけいただいた。おかみさんが「少 ...
野薔薇

野薔薇

野薔薇咲く坂のあぜ道子らの声859あぜ道を小学生が降りてくる、元気に挨拶を返してくれる。白い野薔薇が咲き誇り、空は真っ青だ。最近、町内に子供が増えている。空き家を購入して若い家族が住み始めている。小さな子供の声がしている ...
青楓(アオカエデ)

青楓(アオカエデ)

青空を吸い込み伸びる青楓858太陽が昇りきらない早朝の空の青さは濃い。楓(カエデ)の若葉が美しい。
夏物

夏物

夏物に着替えし空の今日の青644今年初めての夏物上着なし。あまりに暑いので着替えに帰った。もう、秋冬物はいらんよなと、何度も思いつつ夏になっていくんだろうなあ。
浜昼顔

浜昼顔

呼び込みす浜昼顔の海辺かな857朝体操の帰り、コンビニで朝食の食材を買って留田浜経由で帰宅するのがお決まりの散歩ルートだ。浜辺に腰かけてヨーグルト(プリン体と戦う乳酸菌)を飲みながら一休み。浜辺の石畳にいつのまにか浜昼顔 ...
ザリガニ

ザリガニ

ザリガニや昔懐かし旨し味856小学生のころ、赤貧の我が家の主な蛋白源は近くの川で捕ったザリガニ、どじょう、うなぎ、なまず、フナなどであった。ザリガニは別名アメリカザリガニと呼ばれており、アメリカから持ち込まれた種が日本ザ ...
村田稲穂

村田稲穂

2017-05-13、伊東市観光会館にて、ストリングアンサンブル伊豆 特別演奏会(伊豆新聞)春の雨みごとに生きしお別れ会 ソリストや世界に夢の稲穂かな1028~1029私の伊東高校時代の恩師、村田稲造先生。演劇部の顧問で ...
初夏の鼓動

初夏の鼓動

寄せる波初夏の鼓動の留田浜856留田浜に初夏の柔らかな風が吹いている。波も静かで、今日はサーファーの姿もない。大潮で広がった砂浜に犬が新しい足跡を残している。
トマト苗

トマト苗

風強し袋鉢植えトマト苗855駐車場あとの庭で家庭菜園を行っているが、鉢植えだと今一元気がない。そこで、今年の夏野菜は袋鉢で育てることにした。とっておいた培養土袋に土を3分の2ほど入れて、苗を植える。こうすると、袋が風防の ...
夏みかん

夏みかん

花咲きて残り果ひとつ夏みかん854夏蜜柑の花が今を盛りに咲き誇っていて、甘酸っぱい香りを放っている。その木には取り残された完熟した実がまだ落ちずに少し残っている。花も実もある夏蜜柑のような我が人生だったろうか・・・・・。
母の日

母の日

photo from photo-ac母の日会華の友禅緩やかに 1027
ムツゴロウ

ムツゴロウ

photo from photo-acムツゴロウ有明海の眩しき目 1026
長命菊

長命菊

photo from minhana踏まれても強く息ずく長命菊 1025長命菊=デージーともいう。日本へは明治時代の初期に渡来。園芸的には一年草扱いをされている。和名は、雛菊(ヒナギク)という。延命菊(エンメイギク)、長 ...
浄関寺

浄関寺

photo from wikipedia吉原の女安堵の眠り浄関寺  花も咲き散り急ぐ幸浄関寺1023~1024浄関寺=(じょうかんじ)は東京都荒川区南千住にある浄土宗の寺院。山号は栄法山。吉原遊廓の近くにあり、遊女の投げ ...
残雪

残雪

残雪を押しのけ咲ける北の花853ホテル前の大通り公園を朝散歩。桜、チューリップなどたくさんの花が一斉に咲いている。遠景の山々にはまだ雪が少し残っている。午後、藻岩山に登る。桜が満開だが、いろんな桜が同時に咲いてしまうので ...
積丹

積丹

痛風や積丹ウニの春の風852痛風の心配をよそに、ウニの本場、積丹に行く。地元産のムラサキウニは禁漁中(解禁は6月~7月)とのことで、蒸しウニ、炙りウニでの提供だという。せっかくここまでウニを食いに来たのだから生でないと、 ...
行く春

行く春

行く春や旨し肴の北大地 850夕食はススキノに。連休中で街は人出であふれている。予約していた店に入るが30分以上待たされる、しかもメニューにあるのに売れ切りが多い。特にヤリイカは30年ぶりの不漁とのこと。イカの不漁の原因 ...
行く春

行く春

行く春を味わい尽くす北空港849長女たち一家と北海道の旅。観光より食旅行の長女一家。千歳に降り立つと、すぐに空港内の回転寿司屋に入る。一味違う旨い味に満足。3年ぶりの千歳空港内が大きく変わり、ここだけで北海道の旨いもの店 ...
五月晴れ

五月晴れ

人影はいずこに在りや五月晴れ643さすが休日の朝。人、少な。
風薫り

風薫り

見上げなば青一色に風薫り642抜けるような青空から、隙間無く埋めた曇天に変わり、もう、このままで明日に至ると思いきや、まさかの快晴。女心と春の空。
鯉のぼり

鯉のぼり

瑞泉郷風に笑いし鯉のぼり848日本伝統文化のひとつ「鯉のぼり」をあげる家は少なくなった。大仁瑞泉郷の広い畑の中に、今年も鯉のぼりが楽しそうに泳いでいる。
藤衣

藤衣

伊豆の山花無き木々に藤衣847伊豆の山は山桜に代わり、藤の花が主役を演じている。花の無い高い木々に絡まった藤がその木が花を咲かせているような姿を。演出している。
つつじトンネル

つつじトンネル

孫等来るつつじトンネルかくれんぼ846アメリカに帰郷するため、犬を我が家に預けに来た孫達を連れて小室山のつつじ祭りに。満開のつつじのトンネルでかくれんぼに興ずる。
初夏の海

初夏の海

ジャンプする太り気味の子初夏の海845「大型遊具」が新たに設置された南熱海の長浜海浜公園。駐車場を含めすべてが無料なのがいい。最近やや太り気味の孫が靴を脱ぎ海に入る。初夏の海辺は波も静かだ。
女子会

女子会

photo from photo-ac女子会のふだんの心春の風1022
父の頬

父の頬

photo by kj生命力今日の桃色父の頬1021
藤の花

藤の花

官兵衛が勇気もらいし藤の花641福岡藩始祖・黒田官兵衛は摂津有岡城に幽閉中、獄の窓から見える藤の花の生命力に勇気づけられ、家紋としたと伝わる。実際には違うらしいけどね。
昭和の日

昭和の日

photo from photo-ac和服着て毛皮のマフラー昭和の日10204月29日、昭和天皇の誕生日であったが,1989年の死去に伴いみどりの日として制定された。 2007年国民の祝日に関する法律の改正によって,みど ...