健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

終活

終活

photo by kj人生や七変化して終活日1067
親子鹿

親子鹿

photo by kj天城嶺の詩情深める親子鹿1066
姫柘榴(ざくろ)

姫柘榴(ざくろ)

photo by kj鮮やかに宴の宿の姫柘榴あざやかにえんのやどのひめざくろ1065
幽霊

幽霊

最上さま幽霊の池涼求め661
百合

百合

亡き妻の忌日に合わせ百合が咲く 900妻逝きて14回目の祥月命日。薔薇の花が好きだった妻を忍び薔薇を鉢に植えていたが、どうも上手く咲かせるのがむつかしく、今年は薔薇の次に好きだったカサブランカに変えた。祥月命日に合わせる ...
鰹

photo from photo-ac平和な目まな板上の鰹かな1063
鰹

photo from photo-ac気合入れ包丁さばき朝鰹1062
夏神輿

夏神輿

photo from photo-ac若者の力集めて夏神輿1061
百合の花

百合の花

photo by kj百合の花開きて香の修善寺1060
マムシ

マムシ

藪出でて車に轢かるマムシかな 899昨日、我が家の前の道路で、マムシが車に引かれてぺしゃんこになっていた。 右隣は休耕ミカン園、左隣は持ち主が昨年死去し、相続した家族は大阪在住で、ほとんどやってこない。結果、我が家の裏庭 ...
河童忌

河童忌

photo from photo-ac河童忌や旅立ち早きにわか雨1059河童忌=芥川龍之介の忌日。4月24日。同名の短編小説にちなみ命名。「我鬼忌」「澄江堂忌」ともいう。
四万六千日

四万六千日

photo from photo-ac四万六千日祈り深しや母のしわ1058四万六千日=7月10日の観世音菩薩の縁日。この日に参詣すると、四万六千日参詣したほどの功徳があるという。東京浅草寺では境内に鬼灯(ほおずき)市が立 ...
洗車雨

洗車雨

photo from photo-ac洗車雨の寄り添いてゆく天の川1057洗車雨=七月六日に降る雨を意味する語。七夕伝説において彦星が織姫に会う際に使用する、牛車を洗う水になぞらえているとされる。ちなみに、七月七日の七夕 ...
安居

安居

photo from photo-ac句を詠みて凡人らしき安居かな10564月16日から7月15日までの三か月間行われ、この間を一夏いちげという。現在は主として禅宗の修行道場で行われる。夏安居げあんご。夏行げぎよう。夏籠 ...
小暑

小暑

銭無くもパンツ一丁小暑かな 898朝晩は涼しいのだが、日中は蒸し暑い。朝、水やり、夏野菜収穫後、シャワーを浴びるとそのままパンツ一丁で過ごす。宮崎出身のおふくろ直伝の冷や汁がこの時期の我が家の定番。キュウリは1日見落とす ...
蛙

栃木では蛙の色まで映えて見え660鮮やか~!
蛇

枯れ竹を打ちて蛇避く野の小路 897今年は、すでに5回も蛇に遭遇している。先日は、逃げようとする蛇がガード網に邪魔されてなかなか抜け穴を見つけられないでいた。それ以来、途中、枯れ篠竹を引き抜いて、これで道をたたきながら降 ...
初蝉

初蝉

初蝉の声にざわめく朝体操 896郷戸公園で毎朝7時から行っている朝の中国健康体操。長老が蝉の声がすると叫ぶ。耳鳴りの間違いかと一瞬思ったが、確かにひとしきり蝉の声がしたもののその後は続かない。地上での短い命。早まって地上 ...
瀬音

瀬音

露晴れ間高き瀬音に一休み 895昨夜の雨で烏川の水量が増している。先日、川上の一部地域の積層した土砂取り除き工事で、川幅が広がり、緩やかに流れている水が、小さな石垣ダムの近くで狭まり、水の流れが速くなったまま、石にあたり ...
稲

芝生かと見まがう稲に家埋もれ659田んぼってこんなにきれいな物だったんですねぇ。今まであまり感じたことは有りませんでしたが。
台風

台風

台風が過ぎればそこは夏の顔658
百日草

百日草

百日草鮮やか色を仏前に 894庭の百日草が咲きだした。トマトの青い葉をバックに百日草の花の色が鮮やかに映えている。何本か切って仏前に活けた。百日紅(サルスベリ)と同様、百日草の花咲き時期は長い。
梅雨蝶

梅雨蝶

photo from photo-ac雨上り梅雨蝶何処空の旅1055
青蛙

青蛙

photo from photo-ac雨呼びて並んで唄う青蛙1054
ふる里

ふる里

photo by kjふる里の眺望ひらく青嶺かな1053
台風

台風

台風がゆきてかしまし蝉の声657
蝉

足下で今年も蝉が季節を告げあしもとでことしもせみがときをつげ656
早乙女

早乙女

photo from photo-ac早乙女の手甲泥つき日暮れけり1052
水中花

水中花

photo from photo-ac鮮やかにコップ舞姫水中花1051
紫陽花

紫陽花

photo by kj紫陽花の深く染まりて母の愛1050
天城路

天城路

天城路や鹿の出迎え夏の旅 893ホテルの庭先で鹿の夫婦が出迎えてくれる。写真なれしているのか、逃げることなく、しばらくカメラ目線で応えて」くれる。(ホテルハーヴェスト天城高原にて)
ピンク富士

ピンク富士

天城旅ピンク富士に夏の雲 892ホテルハーヴェスト天城高原に友達らと一泊。あいにく雨模様の天候だったが、夕食時には一時雨もやみ、部屋から富士の雄姿が眼前に現れる。富士の麓に見えた街の灯がどこか論争になったが、後にホテルの ...
日差し

日差し

雲間から注ぐ日差しは夏の顔655
そば御膳

そば御膳

photo from photo-ac向き合うや目線合わせぬそば御膳 1049
化粧鏡(けふかがみ)

化粧鏡(けふかがみ)

photo from photo-ac夏雨やお出かけ前の化粧鏡 なつあめやおでかけまえのけふかがみ 1048
藍のれん

藍のれん

photo from photo-ac涼風の大波小波藍のれん 1047