健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

新米

12-09-28新米とベストマッチの塩辛か

 

 

・ご飯の艶が上手く写っているかな?
・炊きたての新米ご飯が艶びかりしていて、米粒が立っている。
・農園をお借りしているMさんから、先日、分けていただいた新米を精米し、土鍋で炊いていただいた。
・予想どおり、美味い!の一言!。こんな美味いお米を食べたのは、20年ほど前に、新潟瀬波温泉の某旅館で食べた朝ごはん以来だ。あの時は、妻が、旅館主に頼み込んで、お米を分けていただいたほどだ。お米は、翌日、その旅館に入れている近所のお米やさんが届けてくれた。たしか、魚沼産のコシヒカリだった。
・Mさんは、毎朝必ず、畑を一回りしてから、出勤していた。小生は、毎朝、生ジュース用の人参とケールの葉を収穫しにいって、挨拶していたので知っていた。まるで、わが子を慈しむように、丁寧にそだてていた「コシヒカリ」なのだ。そうして育ったお米が不味いはずがない。しかも、自家用米なので、減農薬栽培。
・お話を聞くと、昨年度米も少し残っているという。玄米の形で温度管理された貯蔵庫にいれてあるということなので、こちらも格安で、分けていただいた。
・低温精米した方がお米は美味いと、彼に聞いたので、いつもは自宅の家庭用精米機でつくのだが、コイン式の自動精米機で白米にした。
・スーパーなどで売っているコシヒカリは他の品種も混ざっていると聞く。ストレートの「コシヒカリ」を低温精米し、土鍋(長谷園製)で、しかも、水は大沢里の地下深層水を使って炊いた。
・新米ご飯には、おかずは「塩辛」だけでいい。「塩辛」は、もちろん、宇佐美の干物屋が作った手作りの一品だ。普通は1杯にとどめているのだが、思わずお代わりしてしまった。
・日本人に生まれて良かった!と思う瞬間だ。
・残ったご飯でオニギリを作り、畑で食べる。これも美味い!もう、コンビニのオニギリなんて、食べられないな~。
・アメリカに住む孫に送ってやりたいが、現在、全ての食品類を送ることができなくなっているので、残念だ。11月に会いに行く予定なので、他のお土産を割愛してでも、このお米を持てるだけ持っていってあげようと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top