健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

鷽追い

鷽追いの
 鉦つき装置
  誰の知恵

(勝爺)

・散歩の楽しみは、「これは何?」というものに遭遇することだ。
・これも、その一つ。
・伊豆市にあるワイナリーヒルに至る別荘地のメイン道路の両脇にサクラ並木がある。
・そのサクラの木に、竹が縛りつけられていて、先端には小さなフライパンと金具(ネジや金属片など)が付いている。
・良く見ると、下にもフライパンが吊るされていて、こちらにはすりこ木様の木鎚が添えてある。近付いてみると、ビニール袋に入った説明書が入っている。
・曰く、「ウソ鳥が来ていたら、紐を引いてください。」とある。
・ためしに紐を引くと金属片がフライパンに当たって、パンパンと鳴る。
・ウソ鳥なんていう鳥が本当にいるのか疑問に思い、ネットで調べると確かにいることが分かった。
・「木の実の少ない冬から早春には、ウメやモモ、サクラなどの新芽や花のつぼみを食べる。そのため、栽培農家などには害鳥としてきらわれることもあるが、夏には作物にじゃまなこん虫を食べてくれる。オスはのどとほおが赤い。」(キッズgoo図鑑より)
・この装置の設置目的は、サクラ(つぼみ)の保護なのだ。
・アイデアはいいが、はたして、効果があるのか。というのは、この桜並木の両サイドは別荘地であるが、人通りはあまりない。いったい誰が紐をひくのか疑問だ。
・せめて、風鈴のように風で先端のフライパンが鳴ればいいのだがと思って、しばらく見ていると、ちょうどいい具合に、一陣の風で、うるさくない程度の音が鳴った。
・数えてみたら全部で40本あった。
・装置を作ったメンバーの一人は顔見知りのオジサンだ。これを作るのに、5~6人は携わっているはずだ。
・フライパンは100円ショップで買ったようだ。
・効果のほどはともかく、ちょっとしたアイデアを実現化してしまう行動力と少年のような心根を失っていない、チョイワルオヤジ達に脱帽。
・そういえば、昨年、ここのサクラは花がまばらで豪華さに欠けていた。今年は、サクラが咲きほこるに違いない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top