健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

寿命延び

老婆らの
作る食事に
寿命延び

(勝爺)

・テレビや新聞などで何回も取り上げられていた松崎町の「蔵ら」に、水汲み(健水)の前に行ってみた。
・ネットで調べた住所近くに来たが案内看板もなく、見つからない。観光会館で聞いてやっと見つけた。
・12時少し前だというのに、店内はいっぱいで、外にも待っている人の行列が伸びている。中に入り、順番ノートに記入しようとすると、前に並んでいた人が、材料の確認中ですが、そろそろ売り切れのようですという。だめでもともとと、その人が記入した下に名前を記入して外に出て、近所を散策する。
・戻ってみると、小生が最後で、「申し訳ありません 日替りひる膳 さんま寿司 完売いたしました」の張り紙が入り口に張り出してあった。すなわち、小生が最後であった。売り切れの張り紙があるにもかかわらず、中で順番を待っている間にも、何人もの人が入ってきて、断られた。
・75歳になるというリーダ曰く、テレビや新聞のアナウンス効果はすごいといい、連日こんな感じだという。小生が行ったのが月曜日(3・18)だったのにこの混みよう。間もなく、松崎の花畑や桜並木が満開になるので、さらに混むことだろう。
・平均70歳のおばさんたちが立ち上げた食堂ということで、町おこしのモデルケースとして話題になっている。
・定食(日替りひる膳、さんま寿司)が500円という安さも話題の原因だ。ひる膳の揚げ物も上手に上がっていた。おしぼりが葉っぱの上に載って出てきたり、箸袋に千代紙が貼ってあるなどに心づかいと工夫がにくい。


・先日、会った妹に、ここの話をして、いつでもおごってやるよといったら、どうせおごってもらうなら、500円の定食屋でなくて豪華レストランがいいとい う。むべなるかな、いくら安くて美味いといっても、売値500で赤字を出さないためには、材料やボリュームにおのずから限界がある。
・帰り際にオーナーのおばあちゃんに、テレビで何度も見ているから初めての気がしないといったら、握手してくれた。高齢者向けのお弁当配達も行っている し、500円メニューに拘っているところをみると、観光客より近隣の人々がターゲットのようだ。マスコミの話題は一過性のものと、理解していたのがすご い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top