健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

梅もどき

s-270-2014-12-14 007藪中の 
ムシ避け採らむ 
梅もどき

271

この時期、肌を刺す虫はいなくなったが、コセンダングサの逆さとげなどのひっつき虫やノバラの棘を掻き分けて、やっとの思いで、梅もどきを採ってきた。昨年は高床切りバサミを伸ばして採れたのだが、今年は、大きく川中の方に倒れた木の枝に絡みついて遠のいてしまった。やむなく、藪を掻き分け、川に降りて採取した。
ひっつき虫=かぎ針や逆さとげによってヒトや動物の皮膚や衣類に引っかかったり、粘液によって張り付いたりする、植物の種子や果実の俗称である。コセンダングサの逆さとげ(写真)などが代表的なもの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top