健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

平太老

初夏の宴

初夏の宴

初夏の宴三々五々で帰りけり799このまま、おとなしく帰るべきか帰らざるべきか。それが問題だ。つーびーおあのっとつーびー。
梅雨

梅雨

晴れ男梅雨には勝てず傘の中798
六月

六月

六月になりて眺むる五月晴れ797私儀、おかげさまでというべきか、否応なくというべきか、ついに57歳になってしまいましたことをここにご報告させていただき、結びのことばとさせていただきます。
夏の入り

夏の入り

へいせいもみとせのごとしなつのいり平成も三年の如し夏の入り796平成も終わりが見えた五月の日曜。昭和の郷土史を読んでいて三年(みとせ)ほど間が空いただけだから…と思い、よく考えれば平成も三十年あることに気付き ...
梅雨の入り

梅雨の入り

亡き友を年で見下ろす梅雨の入り795昨年亡くなったあの人は誕生日の2週間前だったはず。したがって、誕生日まで1週間を切った私のほうが年上になったはず。一回呼び捨てにしてみたかった。すっきりした(笑)。
風薫る

風薫る

風薫る五月の空の美しさ794この場合、薫風というのは季語なのだろうか。などと考えることさえ、どうでもよくなる。このまま、空だけを見ていたいような。
青空

青空

青空が春の盛りを告げにけり793風はまだ少し強いけど、惚れ惚れとするくらいに青い空。今年初めてかも。春の盛りを告げているのか。
春の花

春の花

ようこそと手を振り迎ゆ春の花792羽田空港滑走路。風に揺られ、名も無き花がまるで、手を振って迎えてくれているような。
春の空

春の空

入道にまだまだ遠し春の空791輪郭を結びそうで結ばない。他人事と思えず
たんぽぽ

たんぽぽ

たんぽぽの種が舞い来る五階かな790マンションのベランダでも草が生えるはずだ。
桜

散る桜句も追い付かぬ潔さ789画像撮ったのはいいけど、こればかりは季節限定なので…。もう少し、ゆっくり散って欲しいよ。
桜

ひとひらの桜が前を通り過ぎ788今年の桜はもう終わったと思っていたので、結構、「え?」みたいな。