健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

PHOTO俳句

畑代え

畑代え

新芽伸び 畑代え終えて 秋雨満つ ・長者が原に借りていた畑の大家さんが、突然事故で亡くなり、遺産相続の関係で、急遽、畑を返すことになった。もともと、万一の時は理由の如何を問わずお返しする約束で無料で借りていたものなので問 ...
蚊帳

蚊帳

残り蚊に 蚊帳去り難し 布団代え ・10月に入り、日中は残暑が続くといえども、朝晩は寒き時ありて、布団を夏蒲団から通常の布団に代えた。 ・しかしながら、蚊どもはいっこうに、いなくなる気配がなく、むしろ増えている気がする。 ...
さんま焼く

さんま焼く

脂のり 価格下がりて さんま焼く(勝爺) ・秋が訪れても、値段が高どまりしていた、さんまがようやく100円を切ってお店に並ぶようになった。 ・さっそく、買い求めて、初食となる。 ・やはり、秋一番の味覚はさんまに限る。
栗拾い

栗拾い

早起きは   三文の得    栗拾い ・先日、産直市場で買い求めた栗は艶や張りがなく、去年の物を出したのではといぶかった。栗ご飯にしてみたが、やはり、甘みが弱い。 ・同市場にメールでそのむね伝えると、今年の猛暑のせいでは ...
秋風

秋風

秋風に 遊び呆けて  日が暮れて (梁庵平太) この頃、とにかく忙しかった。一年間で日曜に休んだのは3回のみ。9月に7ヶ月ぶりに休んでふと、カレンダーを見たら、まだ、2月のままだった。従って、無性に忙しく、気ばかり焦って ...
秋分

秋分

秋分に  布団で寝れる  嬉しさよ (梁庵平太)    062
もってのほか

もってのほか

もってのほか  花よし 味よし    墓前よし (勝爺)・今年も、食用菊の「もってのほか」が咲き始めた。 ・多くはいらないが、小鉢の1品増えがうまい。 ・畑の大家のおばあさんが、先日、突然亡くなった。灯篭流しに川に出かけ ...
二百十日

二百十日

深酒で 二百十日の 夜も更け (梁庵平太) 欧米のフリしていても、元々、日本は裸文化。そもそも緯度からして北海道より上の連中の風俗価値観をそのまま持ち込もうという方に無理がある。久隅守景の夕顔棚納涼図屏風における「おのこ ...
ユウスゲ

ユウスゲ

夕菅が  儚くゆれて   1人畑(勝爺) ・酷暑を避けて、畑には人影も無い ・でも、朝晩は涼しい日が増えてきた ・儚(ハカナ)く咲き、微かにゆれている夕菅(ユウスゲ)の咲く畑に、吾1人佇みて、行く夏を惜しむ。 (大仁ふる ...
ドライトマト

ドライトマト

陽を浴びて  味濃く縮む   ミニトマト(勝爺) ・今年はトマトがたくさん採れた。 ・例年なら割れたり、虫に刺されてしぼむものが多くなる夏の終わりの今でも、毎日、真っ赤に熟したミニトマトが収穫できる。 ・しかも、ことしは ...
ひまわり

ひまわり

                  1人だけ  むこう向いてる   天邪鬼 (勝爺) ・武蔵村山の都営住宅建設予定地に、ボランテア ...
ドテカボチャ

ドテカボチャ

雑草を  乗り越え進む   ドテカボチャ(勝爺) ・メロンを植えたらカボチャに代わっていた生命力旺盛なカボチャが草むらを乗り越えてどこまでも元気に走り回っている。 ・不味いかと思っていたが、食べたら意外といけたので、蔓が ...