健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

九日小袖

s-566-photopin九日小袖老いて似合うや縹色

押印566

photo from photopin

九日小袖=(くにちこそで)重陽の節句に着たはなだ色の小袖(綿入れ)をいう。これを着て
菊酒を酌み交わし、蒸栗を食べて重陽を賀したという。

縹色=(はなだいろ)本来、露草の花弁から搾り取った汁を染料として染めていた色をさすが、この青は非常に褪せ易く水に遭うと消えてしまうので、普通ははるかに堅牢な藍で染めた色を指し、古くは青色系統一般の総括的な呼称として用いられたようだ。ただしツユクサ(ボウシバナ)の栽培種であるオオボウシバナは未だに友禅などの下絵作業に利用されている。(wikipedia)
photo credit: DSC_3458.jpg via photopin (license)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top