健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

桜散る

たのしみは桜散る坂登る時

827

「独楽吟」もどきにて詠む。
独楽吟=幕末、福井の歌人橘曙覧の短歌集「独楽吟」。これは、「たのしみは~時」の形で詠まれた52首の連作の短歌で、まるで独楽(こま)を回しながら遊ぶように彼の楽しみが詠み込まれていることから「独楽吟」という。