健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

完熟トマト

鈴なりの完熟トマト孫を待つ(勝爺)・トマトが赤くなってきた。 ...

炎天下

炎天下酔いも吹き飛ぶ焚き火かな(梁庵平太)二日酔いなのに、突 ...

風鈴

風鈴が 相槌打ちし 昼下がり(梁庵平太)  036

清正

清正が目覚めてしばし蝉の声(梁庵平太)過日、隈本城にて。熊本 ...

汗かけど さすがに覚めぬ今日の酔(梁庵平太)空海死後86年、 ...

風の道

縁側に寝転びて知る風の道(梁庵平太)とーい昔、夏はよくこうし ...

野の実集めて

なつかしき野の実集めて酒になり・小学生の頃、学校帰りに、桑畑 ...

さくらんぼ

さくらんぼ  供えて亡妻(つま)を   偲びたり(勝爺)・店 ...

この世

あがくなよ どうせこの世は あと三月(梁庵平太)1999年4 ...

梅雨明け

梅雨明けの 水面に映えし 緑かな(梁庵平太)  0 ...

逆さ読み

爺に似て本好きな孫逆さ読み(勝爺)リアはママに似なくてよかっ ...

金色の毛虫

金色の  毛虫逃がして   果報待つ   (勝爺)・大仁ふる ...

満彩握り

満彩の  椀付き握り   1380円   (勝爺)・大仁に沼 ...

コインパーキング

番号を  間違い他人の   金払い  (勝爺)・駐車場は返し ...

ごみボックス

菓子を捨て  間違い気付く   ごみボックス  (勝爺)・東 ...

たけのこいも

袋から 芽伸びて知るや   植え忘れ(勝爺)・駐車場の隅に捨 ...

アマリリス

アマリリス  咲いた咲いたと   拡声す・庭のアマリリスが大 ...

モン・サン・ミッシェル

再びの モンサンミッシェル 秋日和 photo b ...

日向路

日向路に 五十男の影揺らぎ(梁庵平太)さすがに南国宮崎は、ま ...

目覚まし

目覚ましを  かけた当人  起きもせず(梁庵平太)大概にせえ ...

親心

詰め寄るも かばうも共に 親心(梁庵平太)最近、子供が事件起 ...

新人類

新人類例えが古い旧人類(梁庵平太)息子の同級生にはもう、20 ...

マニア

マニアこそ専門職の極みなり(梁庵平太)   ...

人の振り

人の振り眺めて直せご同輩(梁庵平太)既に電車乗り過ごしてる俺 ...

葦原

葦原が水清めたり烏川  (勝爺)・つい先だってまで、町内清掃 ...

カルガモ親子

朝体操コガモの散歩に気を取られ  (勝爺)・中国健康体操会場 ...

山藤

山藤や豪華絢爛シャンデリア   伊豆の山 ...

ジャズに酔い

ジャズに酔い酒に酔いたり温泉(ゆ)のホテル(勝爺)・地方新聞 ...

橙の  花咲き群れて   夏近し(勝爺)・ことしは、橙ポン酢 ...

春眠

春眠に 夢で泥酔  朝帰り(梁庵平太)ちょっとの間、禁酒して ...

清正

清正も 汗を拭き拭き 城眺め(梁庵平太)築城の名手・加藤清正 ...

春疾風

春疾風上を見据えて気負い坂(梁庵平太)東京紀尾井坂、大久保利 ...

山肥ゆる

清明の緑湧き出し山肥ゆる(勝爺)・木々が芽吹き、まるで緑の雲 ...

花の園

うららかや女戯る花の園・うららかな春の朝、西伊豆松崎町の花畑 ...

引立て役

案山子たち引立て役にポーズとり(勝爺)・どちらが引立て役かあ ...

長閑なり

花畑歳忘るるか長閑なり・牛の横で休む老人(案山子)。着るもの ...