健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

さくらんぼ

さくらんぼ
 供えて亡妻(つま)を
  偲びたり(勝爺)・店頭にさくらんぼが並びはじめた。
・さくらんぼは、他の果物に比べると割高の感が否めない。山形の産地で、生産農家の人にその理由を聞いたことがある。
「さくらんぼは、収穫時期が一気に来るので、収穫時に応援を頼まなくてはならず、収穫経費がかかることと、他の果物のように、収穫後に熟成しない。そのた め、熟成したものを採って、パックしなければならないので、痛まないように慎重に詰め込まなければならず、手間隙がかかる」のだそうだ。そういえば、高価 なものは、綺麗に並べてパッケージされて売っている。予算がないので、バラ詰めの安い方を買う。
・妻は、さくらんぼが大好物で、この時期になると、甲府や山形に、さくらんぼ狩りに出かけたのを思い出す。食べ放題の農園で、何個ものさくらんぼをいっぺ んに口にほうばり、器用に種を吐き出している光景を思い出す。一粒づつ、ゆっくり食べている私を見て、「そんな食べ方では元が取れないよ!」と叱責された ことを思い出す。
・さくらんぼの果実にはカリウムが多く含まれており、これが体内のナトリウムを体外に排出する働きがあるので、高血圧の予防になるほか、利尿作用も期待でき、むくみや慢性腎臓炎等に効果を発揮するといわれている。
・若いときから腎性高血圧症で、降圧剤の服用を続けていた妻は、さくらんぼの効用を知っていて、一番好きな果物だと自分に言い聞かせていたのかも知れない。
・このほか、さくらんぼの効用として、アメリカでは、痛風に効果があるといわれいるほか、ドイツでは、古くから民間療法としてさくらんぼの種の湯たんぽが 使われているという。これは、さくらんぼの種を詰めた袋をレンジで暖めて使うのだそうだ。子どもたちの頭痛や腹痛をやわらげるのに、いいのだという。さく らんぼの固い殻が天然の断熱材になり、乾燥させて出来た中の空気が熱や冷気をためるので、効果が長続きし、温熱療法にも使われている。
・また、最近のアメリカの研究で「アメリカンチェリーのジュースに、歯垢の形成を阻害して虫歯を予防する成分が含まれている」と報告されている。
・さくらんぼの好きな妻が、さくらんぼの季節に亡くなって、もうマル10年が過ぎてしまったんだな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です