健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

したつづみ(舌鼓)

秋の旅?メニューにしたつづみ

1350

一関での2日目の夜、交差点で信号待ちしていた美しい婦人に、おいしい店はないかと聞くと、すぐそばの山平という焼き鳥やがおススメだという。観光案内やネット紹介ではなく、地元の人に聞くのが一番。地方にいくと、メニューをみてわからない品名をみつけては、お店の人に聞かずに頼むことにしている。今回たのんだのは、「ばくらい」。莫久来(ばくらい)とは、「海鞘(ほや)」と「海鼠腸(このわた)」で作る塩辛のこと。ほやはどうも苦手なのだが、これは新鮮な赤ほやで作ったもので、おいしいですよという。確かに、これまで食べたほやとは全然違う。長生きしてよかった、チャレンジしてよかったという珍味だ。やきとりも絶品だった。