健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

金色堂

紅葉旅ルーツ尋ねて金色堂

1349

友人のルーツが藤原だというので、秋の旅行はその友人たちと平泉をめぐる。中尊寺は2度目だが、この長い参道は歳を重ねた今ではキツイ。その参道は日本人より外国人の方が多い。藤原氏の栄華は今の人々にも潤いを残してくれている。観光タクシーの運転手に聞くと、平泉と一関が合併する予定だったが、名前をどうするかで一部の町議が反対し、合併に至らなかったという。これほど、世界中から観光客が訪れるので、町の税収が豊だからだろうと、水を向けると、運転手は、「宗教法人だからそれほど、税収は見込めない」のだそうだ。小生の故郷の太田市でも昔、隣接する大泉町が大企業が多く、税収が豊かだったため、合併が成就しなかった。ところが、今は、外国人労働者の高齢化が進み、その福祉予算が増大したため、財政が悪化していると聞く。
現代の我々は、後の世の人が潤うような、観光資源として活躍してくれる建造物があるのだろうか?経済効率だけで判断するのはいかがなものか。そう考えると、東京オリンピックの新国立競技場(オリンピックスタジアム)の建物も、多少金がかかたとしても、当初のデザインのもので作っても良かったのかもしれない。