健康長寿研究所のHPへようこそ!このサイトは、健康で元気に長生きする情報を紹介・共有するサイトです。ご自分自身のためにも、平和な世の中のためにも、子や孫や国に迷惑をかけず、元気で長生きするとともに、自然にフェイドアウトいたしましょう!

蟻牧(アリマキ)

蟻牧の甘露いただく菊の蟻

1300

菊が蕾を持ってきた。枝先にはアブラムシ(アリマキ)がびっしりついている。蟻牧(アリマキ)は「その細い口を菊に刺して、植物が光合成で生産した養分を吸い、甘い汁(甘露)を作り出し、その一部を尻から出して、アリに与える。アリはその甘露が欲しいためにアブラムシの面倒を見る。アリはアブラムシの天敵を追い払い、アブラムシが食物としている植物が弱ると、他の元気な植物に引っ越しさせるだけでなく、汚れて病気にならないように、アブラムシの体の掃除までしてあげる」(成田聡子著:<したたかな寄生 脳と体を乗っ取り巧みに操る生物たち>より)なるほど、アブラムシを水遣りホースで吹き飛ばしても、すぐにアブラムシが戻っていたのは、アリのしわざだったのか。蟻にとっては牧場のようなものだからアリマキ。合点。